シュノーケル Love

地球上の全ての海を潜る勢いで書くシュノーケルログ

パワーアップしたうーちゃんの饒舌はリゾートの海について語り出した(倒置法)

こんにちは、うーちゃん です。

日本に帰ってきたらブタクサが栄華を極めてて
ビックリしたのはもう1週間前です(*´Д`*)

さて、前々回の続きです。

前々回は①から②の手前のパッセージまでを
書きましたので今回は②からです(・∀・)

まず①と②の間のパッセージですが

barの左側から入ります。

だいたいこの辺から入ります。

ここはほぼ砂地で、パッセージが近づくと
色々出てくる感じです。

ここは時間によって①方面に流れてる場合もありましたが
行った時はほぼほぼ③方面に流れてました。
一応流れをチェックした方がいいと思います。
逆らって泳いだらシンドかったので。゚(゚´Д`゚)゚。

区間のシュノーケルだと
距離的に物足りないとか言う
アスリート的な人もいるかと思いますが、
この②の区間は濃いです。

濃すぎですわ( ´∀`)

まず、グレイリーフシャークがぐるぐるしてました。
1.5m(推測)はあったんじゃないかなぁ(・ω・)
そんな大物が何匹もぐるぐるしてるんですよ、

ブラックチップシャークも

ホワイトチップシャークも

普通にいるのがこの②区間です。

ラクーダちゃんもここでしたね(*´꒳`*)

また



エイの編隊によるお食事シーンもここで見ました(・∀・)

圧巻のシーン連発ですよ((((;゚Д゚)))))))

まぁ

マダラタルミの幼魚みたいな癒し系もいれば

GTみたいな卑しい系も

更にレストラン先のパッセージから中に入り
小冒険を楽しむと






こんなワッチャワッチャした
肥えた魚たちのパラダイス
ちなみにレストラン下です。

ここにはレモンシャークもいました(・∀・)

ただ浅いので要注意です。

そんなワケでして、この②区間は濃いです。

いや、何処も濃いんですけど(*´꒳`*)

個人的には①と②を一緒に泳ぐか
②と③を一緒に泳ぐかすれば面白いんじゃないかな
って思いますわ( ´∀`)
まぁ、流れと体力次第ですけど、

ちなみに②と③の間、レストラン脇の
パッセージから上がると

たまに出迎えてくれます(*´꒳`*)

ただここに写ってる階段は 壊れてましたし
スタッフオンリーエリアだったので
使わない方がいいと思います(・ω・)

あがってすぐにプールバーがあるので
ただちに写真を見ながらチルできますd( ̄  ̄)

次回は③ですわ(*´∀`*)

うーちゃん 台風通過後 ホームポイントを見に行くと言って酒を買いに行く

こんにちは、うーちゃん です。

台風19号 通過しましたね、
幸い家は停電が10数時間続いたくらいで
被害無く無事でした。
ニュースで見る限り、川の氾濫が凄まじいことになってますね
川も海も台風も自然界のものに人が勝つには
まだまだ叡智が足りないと思います。
過信せずに、命を守るために出来ることを
早めに判断する事の重要性を
今回の台風は教えてくれたように感じます。
自然には逆らわず、過信せずに
無理しないで、変だと思ったらやめる勇気を持つ事ですね。
シュノーケルで言えば カレント、つまり流れです。
サーフィンと違って台風だから海入るとか言う風潮は
シュノーケルにはないと思いますが、
潮の流れと言うのは海が荒れて無くても急に変わったりしますし
離岸流に乗れば知らない間に沖まで流されてたりしますから
それだけで楽しいはずのシュノーケルが命の危機になります。
初めての場所ではなるべく地元の人に話しを聞いたり
リゾートならダイブセンターで必ず話を聞きましょう。
カレントと言えば通じます、だいたいは
サーファーなど波乗りする人種はカレントを使って沖に出たりしますし
ダイバーは下に向かうダウンカレントに気をつけたりします。
カレントについてはまだ解明されてない部分が多いので
基本的には「浮いて待て」なんでしょうけど
そんな事を非常時に出来るのは
聖人みたいなある意味悟りを開いた人のみでしょ?
話はそれましたが自然を敬い
遊ばせてもらってると言う気持ちを持って
楽しいシュノーケルライフを送っていただけたらと思います。

さて、停電も解消してそれなりに片付けしたので
ホームポイントを見に行きました。




千葉は綺麗に見えたけど、荒れ荒れですわ(*´Д`*)
まぁ、当然ですね

それでも結構な人数が居たのにビックリです。

安全なシュノーケルライフを(・ω・)

うーちゃん リゾートの海について話すと饒舌になる

こんにちは、うーちゃん です。

しつこいようですが、まだモルディブを引きずります(・ω・)

今回は海についてです。

え?だってシュノーケルブログだよ(・∀・)
海の情報がイチバンじゃない?

さあ、行ってみよう。

リゾートは勿論、サファリアイランドリゾート&スパです。

さて、まずは地図です

サファリアイランドリゾートには
ハウスリーフに出るためのパッセージが4つあります。
パッセージ以外から出るのは珊瑚保護のためNGです(*´-`)
またパッセージの反対側の海は
船が通るため泳げません(・ω・)

もちろんハウスリーフに出る前の
ラグーン内も十分楽しいです。

①と④の間にあるパッセージに水上バンガローから移動するのには
④の手前のラグーンを移動するんですが、

ここには

ブダイ玉がいたり、

モンツキカエルウオちゃんがいたり、

ヒトヅラハイセンボンちゃんが休んでたりします。

正直、楽しい(≧∇≦)

で、①と④の間のパッセージからハウスリーフに出ると、
今回行った10月初めと言う時期では
左から右への流れ、つまりはレストラン方面へ流されます。
それなので今回は④へは行ってません。
④は未知なるゾーンなのです(・ω・)
仮に流れが逆になってもパッセージないから
自力で泳いで戻るしかないしね.....
そう言えば、初日だけ②→①の流れだったので
流れは時期や時間によって変わるんだと思います。
ダイビングセンターで確認した方がいいと思います。
ルームボーイも気さくに教えてくれましたけど(・∀・)

さてハウスリーフです。

まず①

このパッセージを出ると次の②との間にある
パッセージまで、結構な距離がありますが、
気になりません。
ここの区間は群れ、群れ、群れ です。

アカモンガラ、ムレハタタテダイ、ピラミッドバタフライフィッシュ
オヤビッチャ等が群れています。

また

レモンシャークの寝床があったり

亀がいたのもここです(*´꒳`*)

クマノミ大量ゾーンもここですわ(・∀・

また、


ギンガメアジの群れに巻かれたのもココです(*´꒳`*)

驚くことに


ナポレオン遭遇率100%でした。


また分かりにくいですけどトビエイちゃんにも
遭遇しました。

地形的にはドロップオフの後、なだらかな傾斜って感じで
傾斜部分の下の方が見えるので怖い感じは無かったです。
まぁ、うーちゃん は下見えなくても平気なんだがな(・ω・)


もちろんモルディブらしいコイツらも
堪能できます(*´꒳`*)

続きは次回って事で(・Д・)ノ

【続】うーちゃん サファリアイランドリゾート&スパについて語る

こんにちは、うーちゃん です。

日本に帰ってきて もう仕事もしてる状態ですが、
もうちょっとブログはモルディブモードで行こうと思ってます。

さて前回はリゾートの概要を気ままに説明しましたが
今回がお部屋です(・ω・)

サファリアイランドリゾート&スパには
3タイプの部屋があります。

一つ目は水上バンガローで
日本からのツアーでも一番量があります。





部屋もテラスも素晴らしく、
リゾート感溢れる感じです(*´꒳`*)

ただ、レストランからは遠いので
その辺を煩わしく感じる人はいるかもしれません
が、水上バンガロー前のラグーンは素晴らしく、
ワイドからマクロまで楽しめるので
シュノーケラー的には水上バンガローの方がいいかと(・ω・)
まぁ、水上バンガローも朝日側と夕日側があって、
海的には朝日側の方が圧倒的にいいです、はい





次にビーチバンガローです。



レストランから水上バンガローに行くまでの
小道沿いにビーチバンガローはあります。
正直言ってここのビーチバンガロー かなりオススメ(*´꒳`*)
もう、ジャングルのような感じになっていて
お篭り感が結構あります。
空いてる雨季に利用すれば 目の前の海は
プライベートビーチのよう
欧米の方のくつろぎ感は半端なかったです。

まぁ、その分 前の海は砂、砂、砂って感じで
いる魚達も限られてきます

ボラの大群とか

コバンアジの群れとか

でもパッセージも近いし、値段次第ではお得感あると思います。

次はセミ水上バンガローです(・ω・)

名前の通り水上と陸地のハイブリッドです。

この右側に建ってるのがそうです。

レストランを正面に見て右側にあり
レストランやプール に行くのは便利です。

ただ部屋から入れる海は 今回 そんなに良くなかったような.....
パッセージ付近まで行けば結構クリアでしたけど
砂地は砂が舞ってました
また、ここのパッセージは
ハイタイド時じゃないと通れないので、
その辺も微妙な感じです、
流れも逆だしな(・Д・)

ただ、セミ水上バンガローはダイブセンターに
ものすごく近いので
ダイビングをする場合は最高の場所になります。
そんな感じの3タイプ 正直どこでもいいからまた行きたいって感じですわ(・Д・)

うーちゃん サファリアイランドリゾート&スパについて語る

こんにちは、うーちゃん です(*´꒳`*)

日本に帰って来て現実逃避シンドローム真っ最中です(*´Д`*)

そこで現実逃避中なのを利用して
サファリアイランドリゾート&スパについて語ってみようと思ふ

上から見ると三日月型です

以前はドーニアイランドだったか忘れましたが
超がつく高級リゾートだったんです
路線変更なのかオーナーが変わったのか
(以前聞いた話、モルディブではリゾートのオーナーが
よく変わるらしい、また、モルディブで事業する場合
モルディブ人と結婚するか、モルディブ人との
共同事業にしなきゃいけないとかなんとか....)
一気にカジュアルリゾートに生まれ変わりました。

でも当時の名残で高級なドーニは残ってます。
今でもエクスカーションなどでこのドーニを使うみたい

それでもモルディブ5回目ですが
一番セレブリティなリゾートでした
レストランもメインバーも水上ですしね

レストランはコレ

海側の席に案内されると


こんな感じの景色で食事時間が
ありえないほど長引きますがそれが幸せってやつです(*´꒳`*)
そして運が良ければって言うか
頻繁にレモンシャークが横切ります(・ω・)

食事は3食 ビュッフェで インターナショナルです
結構タイよりですが、
朝はワッフルや卵料理を焼いていて
昼はホットサンドを作っています(具はビーフかチキンを選べます)
夜はパスタやアジアン風焼き物がありました

まぁ、無難と言ったところで
とりあえず食べる物が無いという事はないでしょう
行った事あるモルディブリゾートの中では
唯一 生野菜のサラダもあったし、オリーブも食べ放題
パンの種類も多かったのです
多くの人が満足できると思いますd(^_^o)

そしてそしてプールd( ̄  ̄)

一回も入らなかったが
リゾートライフを満喫するのに欠かせないプール
かなり快適風(・ω・)

パラソルも常備なので日焼けも気にならん仕様

プールバーもあるので快適度は最高ランクと思われます
ちなみにうーちゃん は
シュノーケル後にプールバーにより
ウェットスーツのままドラフトビール煽ってました(*´꒳`*)
飲んだら海には入らんから最後の一本の後だがな(・Д・)
まだ海に入る場合はビターレモンとかトニックウォーターとか
ノンアルコールカクテルを飲んでました

ちなみにメインBarである パームBarは
レストランの隣のこちらです。
テラス席には海へ続く階段があり
夜は海がライトアップされるお洒落エリア

よるは夜はこんな感じです(*´꒳`*)

日曜日はDJナイトでした
後の曜日はレストラン同様にシットリとしたジャズが流れてましたね。

レセプションとレストランとBarは
リゾート内でも強めのWifiゾーンでした。
不安定ならどこでも入りますけどね。


レストランとBar前のラグーンには
子ブラックチップと子エイがいました。
癒し系です(≧∀≦)


大人は怖いがな(*´Д`*)

10/4 うーちゃん コロンボで乗り換える

こんにちは、うーちゃんです(*´꒳`*)

スリランカに無事到着です。


この空港の交差点部分に鎮座する仏像に
お祈りしつつ、最後のお土産をゲットすべく
仏像を右折です(・Д・)

ここ、仏像を正面に見て
右がお店&飲食店
後ろが搭乗口
左がイミグレーションで
仏像の後ろがビザ発行です。

スリランカに入国するにはビザが必要なんですが
事前にネットで申請しておかないと
割高料金取られるので注意です(・Д・)
今回はスリランカに入国しませんが
以前それで痛い目にあいました。゚(゚´Д`゚)゚。

今回はHakpe Teaが50%セールをしてたので
そこで紅茶をゲットです。
去年に比べて空港内が綺麗になってて
雑貨店等が結構無くなってました、それが残念

そして今回の旅で手荷物検査の際 靴を脱いだのは
ここだけです、参考までに
まぁ、スリランカは近年まで内戦してましたし、
去年は宗教的な事件もあったりで
観光立国しようとした矢先にダメージを追った訳で
今は安全を前面に出さないと苦しいのでしょう
個人的には料理も美味しいし、
機会があればまた行きたいんですけどね
シギリヤロックに登りたい(≧∇≦)

そんなこんなでお土産もゲットしたので
ゲートに向かうのですが
ココでゲート変更です(*´-`)

実は過去4回ほどコロンボー成田間を利用しているのですが
ディレイ率100%(・Д・)
ちなみに去年は7時間のディレイでした(*´ー`*)

なのでこまめに時間やゲートをチェックしてるのですが
ココでゲート変更
コレがスリランカ航空クオリティやで(・Д・)
ただ今回は初の時刻通りらしいので
それはそれで心配だなぁとか感じつつゲートへ


スリランカの綺麗な夕日をご覧ください

窓越しなので天井が写ってるがな(*´-`)

ココで豆知識

コロンボの空港でゲートがR1〜R5の場合は
歩いて飛行機に向かうので
シャッターチャンスがあるやでヽ(´▽`)/
大いに喜ぶがよい

R6〜は残念ながらバスで
Rが付かないゲートは建物内から搭乗です


今回はR1なので歩いて搭乗しました

さて機内

基本的にスリランカ航空利用のモルディブの場合
帰りは夜飛んで朝に成田に着くので
帰りの飛行機は主に寝る事になります。

なのでご飯前にお酒を飲んで気持ちよく寝ようと
思ったうーちゃん ですが
ライオンビール積んでないって。゚(゚´Д`゚)゚。
なんでスリランカが誇るライオンビールを積んでないかな
ただCAさんが日本語をネイティブスピーカー並みに
喋れてちょっと怯んだうーちゃん はアサヒをチョイス
その後、そのCAさんからカールスバーグならあるよって言われて
2缶めゲット 得した気分ヽ(´▽`)/
お酒好きならスリランカアラックを是非ご賞味あれ
ちょっと甘いけど美味しかったなり(≧∇≦)

起きたら明るかった(*´ー`*)

下に神津島と新島見えた(・ω・)

帰って来ちゃったなぁ

そして楽しかったなぁ(//∇//)

今回の旅行記はコレで終わりです。

次回からは番外編です(*´꒳`*)

10/4 うーちゃん マーレへ旅立つ

こんにちは、うーちゃんです

リゾートからマーレ(実際にはフルマーレ)に向かう
水上飛行機に乗りました。
行きは貸切プライベートジェットだったのですが
帰りはほぼ満席です。







でもでも綺麗な景色だなぁ
音はうるさいがな(・Д・)
まぁ、耳栓くれますけどね

水上飛行機で20分ちょっと
あっという間にフルマーレ到着です



正直20分で違う環礁まで行けるんだからお得といえばお得
ただ、フルマーレに前泊しないで直接着いた日に
リゾートまで飛んでくれたら言うことなしなのになぁ

水上飛行機の離着陸場からフルマーレの空港までは
ハイエースが送ってくれます
VIP用にアルファードもありましたが、
うーちゃんはハイエースです
因みに行きはノアでした。

思えばフルマーレはほぼ日本車、
日本が誇る基軸産業バンザーイって感じです
けど、フルマーレって左側通行なんで
単に都合が良いだけなのかも(*´ー`*)






10分かからないくらいで空港に到着です

このパトカーの可愛さよ





そんなそんな訳で、ころんぼにコロンボにむかいまー向かいまーす(・Д・)

ココでワンポイントアドバイス
フルマーレの空港にはロクなお土産は無いか高いので、
街のスーパーで買うか 諦めてコロンボの空港内で買うか
した方がいいと思うんです(当社比)

ではコロンボに向かいまーす(帰りも直にして欲しかった)